2007年12月11日

油性ペンで書かれたテーブルの落書きを落とす方法。

机や会議用テーブルなどに書かれた線や落書きは、いくら雑巾で拭いてもなかなか落ちません。そんな時修正液を使うとキレイに落とせます。落とし方は、落としたい所に修正液を塗り、完全に乾いたところで定規を使って端から修正液を削っていくだけ。これでキレイに落とせます。
修正液には、固まろうとする成分と、溶かして柔らかくしようとする成分の2種るが含まれているからのようです。

■タルミ文具は愛媛県を中心にオフィスレイアウトの提案・販売、事務機器の販売・設置を行っております。
http://tarumibungu.com/
posted by ノブ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 筆記具の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キズついたCDを復活させる裏技?

CDにひっかきキズがついてしますと、その部分が音トビして変な音楽になってしまします。そんな時は油性ペンをキズの部分に塗りましょう。音トビが直ります!!?
音トビはキズの部分でレーザー光線をねじ曲げてします為、正しい情報が読み取れなくて起こる現象です。油性ペンでキズによる凹部を埋めると、レーザー光線のねじ曲がりがなくなる為のようです。どうも。。
ちなみに、油性ペンの色は特に問題にはなりません。

■タルミ文具は愛媛県を中心にオフィスレイアウトの提案・販売、事務機器の販売・設置を行っております。
http://tarumibungu.com/
ラベル:文具 筆記具
posted by ノブ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 筆記具の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。